日本語入力設定(Debian sarge)

1.Canna のインストール

# apt-get install canna

2.locale 設定

# dpkg-reconfigure locales

ja.JP.eucJP」を選択する。
/etc/locale.gen に ja.JP.EUC-JP EUC-JP の行が追加されていることを確認する。

3. Xの日本語入力環境の設定  Xで漢字変換にCannaを使用し、emacsは使用しない場合は以下のように設定する。

# user-ja-conf  または  set-language-env
Setting up users' native language environment
by modifying their dot-files.
Type "set-language-env -h" for help.

パッケージ一覧を取得しています...
Canna サーバが動いています。
Wnn サーバが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで Wnn サーバーが動いていますか [y/N] N<Enter>
SKK サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで SKK サーバーが動いていますか [y/N] N<Enter>
Anthy が動いていません。
PRIME が動いていません。
日本語には関係ない様々な設定を行いますか [Y/n] n<Enter>

------- /home/ユーザ名/.Xresources -------
X Window System で動くプログラムの設定です。

設定を行いますか [Y/n] Y<Enter>
設定します...

------- /home/ユーザ名/.bash_profile -------
bash 使用時に、ログイン時に実行されます。
単に、.bashrc を実行するだけの内容です。

設定を行いますか [Y/n] Y<Enter>
設定します...

------- /home/ユーザ名/.bashrc -------
bash が起動するときに実行されます。
さまざまな設定をしているので、目を通しておいてください。

設定を行いますか  [Y/n] Y<Enter>
設定します...

------- /home/ユーザ名/.canna -------
Canna の設定です。

設定を行いますか  [Y/n] Y<Enter>
設定します...

------- /home/ユーザ名/.cshrc -------
csh が起動するときに実行されます。
さまざまな設定をしているので、目を通しておいてください。

設定を行いますか  [Y/n] n<Enter>
設定しません。

------- /home/ユーザ名/.emacs -------
emacs の設定です。
emacs20, emacs21 に対応しています。
xemacs21 は、.xemacs/init.el で設定します。

設定を行いますか  [Y/n] n<Enter>
設定しません。

------- /home/ユーザ名/.inputrc -------
bash など、readline ライブラリを用いたプログラムの設定です。

設定を行いますか  [Y/n] Y<Enter>
設定します。

------- /home/ユーザ名/.xsession -------
xdm を使って X Window System にログインしたときに実行されます。
また、startx や xinit を使って X を起動したときにも実行されます。

設定を行いますか  [Y/n] Y<Enter>
設定します。

------- /home/ユーザ名/.xemacs/init.el -------
xemacs21 の設定です。

設定を行いますか  [Y/n] n<Enter>
設定しません。
------------------
    設定が終了しました。設定を有効にするには、一度ログアウト
してから再びログインしてください。
    それぞれのドットファイルを読んで、どのように変更されたか
確認してください。気に入らない設定は、直接変更するか、
'language-env end' 以降の行に再設定を書き加えて下さい。
    詳しくは /usr/share/doc/language-env/README.ja.eucJP.gz を
参照して下さい。

[Enter] キーを押してください。終了します。

4. ログオフ
一度ログオフすると設定が読み込まれ、日本語入力が可能になる。
日本語入力は、<Shift>+<Space> で切り替える。