Apache2+PHP5+MySQLの導入(etch)

Apache2のインストール

# apt-get install apache2

PHP5のインストール

# apt-get install php5

php.iniの編集

デフォルトでは、

magic_quotes_gpc = On

になっているので、無効にする場合は
/etc/php5/apache2/php.ini を編集する。

; Magic quotes
;

; Magic quotes for incoming GET/POST/Cookie data.
magic_quotes_gpc = Off

MySQL5.0のインストール

# apt-get install mysql-server-5.0 php5-mysql

管理者ユーザの設定

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO admin@localhost IDENTIFIED BY 'パスワード' WITH GRANT OPTION;

※リモートアクセスを許可する場合は、「localhost」を「”%”」(または”ホスト名”)にする。

一般ユーザの設定

mysql> GRANT SELECT,UPDATE,INSERT,DELETE,ALTER,CREATE PRIVILEGES ON データベース名.* TO user1@localhost IDENTIFIED BY 'パスワード' WITH GRANT OPTION;

文字コードの設定

デフォルトでは「latin1」なってしまうので、my.cnfを編集してutf8に変更する。

# nano /etc/mysql/my.cnf

[mysqld]に以下2行を追加する

default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysql]に以下1行を追加する

default-character-set=utf8

mysqlを再起動する。

# /etc/init.d/mysql restart

mysqlクライアントを起動し

mysql> status

で文字コードがutf8に設定されたことを確認できる。

文字コードはテーブル毎に設定することもできる。

下記のようにデータベースを作成すると、文字コードが指定できる。

mysql> create databaase データベース名 default character set utf8;

データベース指定で文字コードの確認は

mysql> show create database データベース名;

で可能。

phpadminのインストール

ダウンロードしたphpmyadminの圧縮ファイル(tar.gz)をwebの任意のディレクトリに配置する。
ファイルを解凍する。

# tar -zxvf phpMyAdmin-x.x.x-all-languages.tar.gz

解凍してできたディレクトリの名前を扱いやすい名前に変更する。

# mv phpMyAdmin-x.x.x phpmyadmin

ブラウザからアクセスする。

http://ホスト名/phpmyadmin/

mcryptの警告メッセージ

ログイン画面に「mcrypt 拡張をロードできません。PHP の設定を確認してください」というメッセージが表示された場合は、

# apt-get install php5-mcrypt

でphp5-mcryptをインストールする。
インストール後、apacheを再起動する。

# /etc/init.d/apache2 restart

再度ログイン画面を開くと、警告メッセージが消える。

MySQL ODBC接続設定

Debian(etch)は、デフォルトではデータベースにリモートで接続が出来ない。

有効にするには/etc/mysql/my.cnfを編集する。

bind-address = 127.0.0.1

# bind-address = 127.0.0.1

のように、コメントアウトする。

/etc/init.d/mysql restart

で再起動すると、TCP接続でポート3306にリモートアクセス可能になる。