NFSサーバーの設定

・/etc/exportsに共有設定を追加

書式
共有するディレクトリ 接続可能なIPアドレス(オプション)

オプション
 ro: 読み取りのみ
 rw: 読み書き可能
 no_root_squash: デフォルトでは、クライアント マシン上のユーザー root によって行われたファイル要求は、そのサーバー上のユーザー nobody によって行われたかのように扱われる。



/home/nfs-share 192.168.0.1(rw,no_root_squash)

 

サーバーの起動

NFS を起動する。


/etc/init.d/nfs start

※Portmapと関連 rpc デーモンは、NFS を起動する前に実行されている必要があります。

/etc/exports の変更

NFS サーバーが既に実行されているときに /etc/exports に変更を加えた場合は、nfsd/etc/exports の読み取りを強制して、変更を適用する必要があります。コマンド プロンプトから、次のように入力します。

usr/sbin/exportfs -ra