M1 Mac XAMPP環境にxdebugインストール

XAMPPはこちらからダウンロードする。

https://www.apachefriends.org/jp/

PHPの最新は8だが、PHP7.4を使用したいので、

7.4.28をダウンロードする。

 

xdebugは、こちらのサイトからダウンロードする。

https://xdebug.org/wizard

 

M1チップの場合、arm64版homebrewになるが、

その環境でxdebug.soを生成しても

XAMPPのPHPが認識しない。

そのため、ターミナルを「Rosetta」を使用して開き、

x86_64版のxdebug.soを生成する必要がある。

 

こちらのサイトを参考に、ターミナルを分ける。

https://qiita.com/chibiegg/items/43b7604a589e3760e88e

 

以降は、xdebugをxamppのPHPに連携する手順。

  1.  xdebugをデスクトップにダウンロード
  2.  ターミナル起動
  3.  cd Desktop
  4.  tar -xvzf xdebug-3.1.4.tgz
  5.  cd xdebug-3.1.4
  6.  curl http://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-latest.tar.gz > autoconf.tar.gz
  7.  tar -xvzf autoconf.tar.gz
  8.  cd autoconf-2.71
  9.  ./configure
  10.  sudo make && sudo make install
  11.  cd ../
  12.  /Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/phpize
  13.  ./configure –enable-xdebug –with-php-config=/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/php-config
  14.  make
  15.  make test
  16.  sudo cp modules/xdebug.so /Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20190902/

この後、テキストエディタで

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini

を開き、下記記述を追加する。


[xdebug]
report_zend_debug = 0
zend_extension=/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20190902/xdebug.so
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp