Category Archive Windows

Dockerでcouchbaseを使用する(Windows10)

couchbaseを起動する。

>docker run -d --name db -p 8091-8093:8091-8093 -p 11210:11210 couchbase

ブラウザからcouchbaseにアクセスする。

URL: 192.168.xxx.xxx:8091 ←Dockerを実行しているPCのIPアドレスを入力

SQL Server 2019 テーブルのデータをINSERT文でエクスポート

SSMSを起動、ログインし、対象のデータベースを右クリック。

「タスク」→「スクリプトの生成」を順にクリックする。

sqlserv_tbl_bk_01

 

「次へ」をクリック。
sqlserv_tbl_bk_02

 

「特定のデータベースオブジェクトを選択」を選び、下のテーブル一覧からエクスポートするテーブルを選択する。
sqlserv_tbl_bk_03

 

ファイル名を確認し、必要に応じて変更する。
その後、「詳細設定」をクリック。
sqlserv_tbl_bk_04

 

「スクリプトを作成するデータの種類」を選択する。
デフォルトでは、「スキーマのみ」が選択されているが、これはテーブル構造のみのエクスポートになる。
データをエクスポートする場合は、「スキーマとデータ」または「データのみ」を選択する。
sqlserv_tbl_bk_05

 

「次へ」をクリック。
sqlserv_tbl_bk_06

 

「次へ」をクリック。
sqlserv_tbl_bk_07

 

ファイル作成中の画面。処理が終わるまで、しばらく待つ。
sqlserv_tbl_bk_08

 

完了時の画面。
「完了」をクリックして画面を閉じる。
sqlserv_tbl_bk_09

フロッピーディスクのフォーマット(Windows10)

フロッピーディスクをフォーマットするコマンド

format a: /T:80 /N:9

IISでindex.phpをデフォルトドキュメントに設定する

IISでindex.phpをデフォルトドキュメントに設定する

IIS_index.phpをデフォルトドキュメントに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「既定のドキュメント」をダブルクリックして設定画面を開く。

 

 

IIS_index.phpをデフォルトドキュメントに_2

 

 

 

 

 

 

「追加」をクリック。

 

 

IIS_index.phpをデフォルトドキュメントに_3

 

 

 

 

「index.php」を入力し、OKをクリック。

 

 

IIS_index.phpをデフォルトドキュメントに_4

 

 

 

 

 

 

 

 

Windows Server 2016 にIIS+PHP7.3をインストール

Windows Server 2016 にIIS+PHP7.3をインストール

php7.3をダウンロードする。
PHP の公式サイトにアクセスし、「Downloads」ページを開く。

php.net -> download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Windows downloads」をクリック。

 

php.net.windows-download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Windows+IISの場合は、「Non Thread Safe」を選択。

Zipファイルをダウンロードする。

解凍したフォルダを、Dドライブ直下に移動し、フォルダ名を「php」に変更する。

D:\php

 

「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ」を起動する。

IISマネージャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハンドラー マッピング」を開く。

 

 

ハンドラーマッピング-モジュールマップの追加

 

 

 

 

 

 

 

 

「モジュールマップの追加…」をクリック。

 

 

モジュールマップの追加_php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図のように入力し、「OK」をクリック。

 

 

 

phpフォルダ内の、

php.ini-development

または

php.ini-production

を「php.ini」のファイル名でコピーする。

 

php.ini-developmentとphp.ini-productionの違いは、

基本的にはメッセージ関係の設定があるか無いか。

エラーメッセージを表示したければ、php.ini-devalopmentをコピーする。

 

 

これで、IISのサイト上でPHPが利用できるようになる。

 

PowerShell を管理者権限で起動(Windows Server 2019)

PowerShell を管理者権限で起動

Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\Users\administrator> mkdir c:\nfs-share

ディレクトリ: C:\

Mode LastWriteTime Length Name
—- ————- —— —-
d—– 2019/XX/XX 13:37 nfs-share

PS C:\Users\administrator> new-nfsshare -name “nfs-share” `
>> -path “c:\nfs-share” `
>> -enableunmappedaccess $true `
>> -authentication Sys

Name Availability Path
—- ———— —-
nfs-share Standard (not clustered) c:\nfs-share

PS C:\Users\administrator> Grant-NfsSharePermission -Name “nfs-share” `
>> -ClientName “192.168.x.xx” `
>> -ClientType “host” `
>> -Permission “readwrite” `
>> -AllowRootAccess $True
PS C:\Users\administrator> Get-NfsShare -Name “nfs-share”

Name Availability Path
—- ———— —-
nfs-share Standard (not clustered) c:\nfs-share

PS C:\Users\administrator> Get-NfsSharePermission -Name “nfs-share”

Name ClientName Permission AllowRootAccess
—- ———- ———- —————
nfs-share 192.168.x.xx READ, WRITE True
nfs-share All Machines DENY ACCESS False

PS C:\Users\administrator>

WindowsクライアントからNFS接続

コマンドプロンプトから実行する。

>mount -o mtype=hard 192.168.x.x:/home/nfs-share V:
V: は 192.168.x.x:/home/nfs-share に正常に接続しました

現在マウント中のディレクトリを表示する。
>mount

Local Remote Properties
——————————————————————————-
V: \\192.168.x.x\home\nfs-share UID=-2, GID=-2
rsize=131072, wsize=131072
mount=hard, timeout=0.8
retry=1, locking=yes
fileaccess=755, lang=SHIFT-JIS
casesensitive=no
sec=sys

日付のフォーマット(SQL Server)

CONVERTとか

   DECLARE @myDate DATETIME
   SET @myDate= '2005/8/11 12:34:56:789'

YYMMDD系

   SELECT '102' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,102) --2005.08.11
   SELECT '120' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,120) --2005-08-11 12:34:56
   SELECT '111' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,111) --2005/08/11
   SELECT '112' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,112) --20050811
   SELECT '121' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,121) --2005-08-11 12:34:56.790
   SELECT '126' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,126) --2005-08-11T12:34:56.790
   SELECT '2' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,2) --05.08.11
   SELECT '11' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,11) --05/08/11
   SELECT '12' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,12) --050811

YYMM系

   SELECT '112' ,CONVERT(VARCHAR(6),@myDate,112) --200508
   SELECT '12' ,CONVERT(VARCHAR(4),@myDate,12) --0508

MMDDYY系

   SELECT '100' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,100) --08 11 2005 12:34PM
   SELECT '101' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,101) --08/11/2005
   SELECT '107' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,107) --08 11, 2005
   SELECT '109' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,109) --08 11 2005 12:34:56:790PM
   SELECT '110' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,110) --08-11-2005
   SELECT '1' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,1) --08/11/05
   SELECT '7' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,7) --08 11, 05
   SELECT '10' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,10) --08-11-05
   SELECT '1' ,CONVERT(VARCHAR(5),@myDate,101) --08/11
   SELECT '101' ,CONVERT(VARCHAR(5),@myDate,101) --08/11

DDMMYY系

   SELECT '103' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,103) --11/08/2005
   SELECT '104' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,104) --11.08.2005
   SELECT '105' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,105) --11-08-2005
   SELECT '106' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,106) --11 08 2005
   SELECT '113' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,113) --11 08 2005 12:34:56:790
   SELECT '3' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,3) --11/08/05
   SELECT '4' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,4) --11.08.05
   SELECT '5' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,5) --11-08-05
   SELECT '6' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,6) --11 08 05

時刻系

   SELECT '108' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,108) --12:34:56
   SELECT '8' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,8) --12:34:56
   SELECT '114' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,114) --12:34:56:790
   SELECT '14' ,CONVERT(VARCHAR(30),@myDate,14) --12:34:56:790

逆引き

   --yyyymmdd
   --yyyy/mm/dd
   SELECT '112' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,112)
   SELECT '111' ,CONVERT(VARCHAR(20),@myDate,111)
   --yyyymm
   --yyyy/mm
   SELECT '112' ,CONVERT(VARCHAR(6),@myDate,112)
   SELECT '111' ,CONVERT(VARCHAR(7),@myDate,111)
   --yyyy
   SELECT '112' ,CONVERT(VARCHAR(4),@myDate,112)
   --yymm
   SELECT '12' ,CONVERT(VARCHAR(4),@myDate,12)
   --yy/mm
   SELECT '11' ,CONVERT(VARCHAR(5),@myDate,11)
   --mmdd
   SELECT '112' ,SUBSTRING(CONVERT(VARCHAR(8),@myDate,112),5,4)
   --mm/dd
   SELECT '101' ,CONVERT(VARCHAR(5),@myDate,101)

Insert時に新しく付与されたIDの取得方法(SQL Server)

IDENTITYプロパティ

SQL Serverに一意のIDを生成させる方法として、列にIDENTITYプロパティを指定する方法があります。 IDENTITYプロパティには次の特徴があります。

   * ひとつのテーブルのひとつの列にしか指定できません。
   * 指定する列のデータ型はint型、bigint型、smallint型、tinyint型、decimal型、numeric型に限ります。
   * (設定により変更可能ですが)基本的に値のセットは出来ません。

IDENTITYを指定した列に値を挿入したい場合は、IDENTITY_INSERTプロパティをONに設定します。 この設定は同一セッション内でのみ有効です。

BEGIN TRANSACTION SERIALIZABLE;

INSERT INTO …

SELECT SCOPE_IDENTITY();

COMMIT TRANSACTION;

IDENTITY列の番号リセット(SQL Server)

SQLServerで、Identity属性を使用して自動的に番号をセットしている項目があります。
この採番を1からやり直したい時

DBCC CHECKIDENT (tablename ,RESEED ,0)
にて変更可能です。
0の部分を戻したい値に変更する事も可能です。